子供も自転車保険に

子供が自転車事故の加害者

子供が自転車事故を起こしたら

インターネットなどで小学生が起こした自転車事故で、9,500万円を超える賠償が命じられたという記事をご覧になったことがあるのではないでしょうか。こんなに高額の賠償をしなければいけないのかという恐れと共に、自分には関係ないという気持ちもありませんか。

自転車事故で高額賠償が命じられることはあるが、それは一部のことではなくなってきています。財団法人日本サイクリング協会では会員への特典として自転車事故による賠償命令が出た場合、5,000万円の補助を行ってきましたが、賠償命令が増えてきたため別組織の創設を検討しているという報道が2013年にありました。

このように自転車事故による高額賠償は一部のことではなく、いつあなた自身やあなたの子どもの身に降りかかってもおかしくないという状況になっています。

・自転車保険は本当に必要なのか

小学生が起こした自転車事故で9,500万円という高額賠償命令が出ただけでなく、このほかにも多くの賠償命令が出されています。そんな中、賠償金を支払うことができず自己破産をしなければいけないという痛ましいこともおこっています。

事故の責任は負うことは当然ですが、支払い能力が無いから自己破産となった場合、あなたの子どもの将来はどうなるでしょうか。明るい希望で一杯の未来が、暗く閉ざされてしまうということもあるでしょう。このようなことを避けるためには、万が一の場合に備えて、十分な賠償金を支払うことができるように保険に加入しておくということが大切だと思います。

自転車保険は加害者になった時の賠償責任、被害者になった時の傷害保険といったことだけでなく、子どもの未来を閉ざさないためにも、加入しておくことは必要なことではないでしょうか。

Copyright © 小学生も自転車保険に加入すべき. All rights reserved.