• トップ /
  • インプラント治療の患者の注意点

インプラント治療で注意すること

インプラントの治療は外科治療なので、患者は不安にならないために、治療内容の概要を知っておく必要があります。まず手術の際、歯茎を切りますが、痛みがないように麻酔注射をします。万が一、患者に麻酔薬アレルギーがある場合は、インプラント手術を行う前に、前もって歯科医に告げておくと良いです。注意点として、患者によっては手術に対する不安や緊張から、麻酔の後に手足のしびれや激しい動悸を感じる場合もあります。重篤なケースでは呼吸困難を起こすこともあります。しかしこれはインプラント治療が原因ではなく、恐怖から起こる過呼吸症状です。過換気症候群と呼ばれる症状ですが、苦しくなったらすぐに歯科医に伝えるようにします。また痛み止めの薬剤には、血管を収縮させる作用があるので、インプラントの手術中に心拍数が増加することは通常、よく起こります。注意したいこととして、あまりに心拍数が上昇したなら、歯科医に相談します。一般的に1分程度で治まるため、心配はありません。その他、気分が悪くなった場合は、インプラントの手術中でも遠慮しないで、歯科医に話すことが大切です。自分の判断で我慢してしまうと良くないので注意するようにします。

↑PAGE TOP