• トップ /
  • インプラントの治療方法

鎮静法でインプラントの無痛治療

インプラント治療では、顎の骨に人工の歯根を埋め込む手術を伴います。歯科治療に不安感や恐怖感を抱く患者さんも安心してオペが受けられるよう、専門クリニックではいろいろな種類の麻酔と組み合わせて鎮静法を導入しています。鎮静法には、笑気鎮静や静脈内鎮静があります。小児歯科でも使われる安全な笑気鎮静では、鼻から笑気ガスを吸うことでリラックスして治療が受けられます。静脈内鎮静では、点滴を使って静脈に痛み止めや安定剤を注射します。全身麻酔のように意識がなくなることはなく、うとうとした状態でインプラント手術が終わります。

↑PAGE TOP